忍者ブログ
ヨーロッパの伝統工芸でペーパークラフトの一種、パーチメントクラフト。 そのパーチメントクラフト作家である松尾悠は、 教室『GOOD TIME』を主宰しています。 パーチメントクラフトを通じて生徒さんやパーチメントクラフトを見て下さっている方達と "GOOD TIME"に過ごすことがモットーです。 でもパーチメントクラフト以外でも"GOOD TIME"は日常に散りばめられています。 そんな"GOOD TIME"を綴っていきます。
<< | 2017年11月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45
Updated   
2013.12.25 (Wed)
「先生にお会いしたいので伺っても宜しいでしょうか?」
と、先日、生徒さんのお一人が来られた時のこと。
その生徒さん、我がGOOD TIME教室で最高齢の70代の方。
いつもレッスン中に色々なお話を聞かせて貰えるのですが、最近体調を崩されることが増えてきてありました。

もしかしたらレッスン辞められると言われるのかなぁと内心ちょっとドキドキ。
何しろレッスンに通われるのに公共の交通機関3つ乗り継いで来られるので大変なのです。
ご自宅近くの公民館等でレッスンしましょうかと提案しても、この大野城市まで通うのが刺激にもなるからって言われるので、こちらまで来ていただいているのです。

で、来られて。
「年末年始に新しい作品を何かしたいので、パターン図頂けないかなぁと思って。あとペーパーも頂きたいのですが宜しいですか?」
と。

おっとー、あの心配は何だったのだとおかしくなってしまいました(笑)

選ばれた作品はちょっと和の要素もあって、お正月にも合うかなとデザインしていたもの。
もちろんこの作品にもメッシュ(パーチメントクラフトのお道具の一つで、針目を数えながら模様を作っていく)を利用してます。
「やっぱりメッシュは楽しいです」
と。
メッシュは時には疲れる工程もあるのですが、それを経て完成した時の達成感は120%。
その達成感を共有出来るのもまた良いものです。

「先生のお顔を見て元気になりました。」
と帰り際に生徒さん。
元気になれる要素がどこにあるのか分かりません(笑)が、有難いことです。
私もお話が出来て楽しいですし、今度はこんな作品、あんな作品に挑戦したいと言ってもらえることで、作品イメージが出来てきます。
お互いにいることで私のお教室は動いていくのです。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[09/01 かなえ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
haruka721
性別:
女性
職業:
パーチメントクラフト作家
趣味:
パーチメントクラフト、ドライブ
自己紹介:
GOOD TIME主宰
松尾 悠(Haruka Matsuo)

2004年
International Parchment Craft Academy 認定資格取得
2005年
教室『GOOD TIME』スタート
2008年
NHK福岡放送局 NHKギャラリー作品展開催
 RKB 今日感テレビ 特集
 NHK ぐるっと8県九州沖縄 生出演
 毎日新聞朝刊 掲載
2008年
花工房 花華亭ふたば ギャラリーにて作品展
2009年
イオンモールルクル・パワコンストリート内プチパワにて展示販売
2010年
自家焙煎珈琲『悠』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
2011年 
カフェ&ギャラリー『レグラン』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
 西日本新聞9月9日朝刊 掲載

2004年~
『手づくりフェアin九州』パーチメントクラフトブース実行委員会で参加
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア