忍者ブログ
ヨーロッパの伝統工芸でペーパークラフトの一種、パーチメントクラフト。 そのパーチメントクラフト作家である松尾悠は、 教室『GOOD TIME』を主宰しています。 パーチメントクラフトを通じて生徒さんやパーチメントクラフトを見て下さっている方達と "GOOD TIME"に過ごすことがモットーです。 でもパーチメントクラフト以外でも"GOOD TIME"は日常に散りばめられています。 そんな"GOOD TIME"を綴っていきます。
<< | 2017年11月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
Updated   
2011.10.08 (Sat)
毎日夕方になると、決まってすることがあります。
それは母方の祖母へのFAX。
祖母宅がFAX付きの電話に切り替わったのが4~5年前で、FAXの試運転という何気ないことがきっかけとなり、夕方の日課となっていったのです。
途中右腕の故障で字が書けなくなった時期は安静も含めてお休みをしていましたが、また何気なく再開。

FAX内容は一日の取り留めないことを中心にA4用紙1枚に綴っていきます。
祖母は
「いつも物語みたいで面白い」
って言ってくれます。
別に物語仕立てにしてないんですけどね(笑)
そして決まり文句のように、
「もうFAXは送らんで良いから」
と。
天邪鬼な祖母なんで、その言葉は完全にスルーしてますけど。
たまに母よりも祖母の方が知っているということもあるほどです。
泊まりがけでお出掛けする時は前もってFAXに書いてお知らせしておきます。
だから何も無くFAXが届かないとなると、私に何か起きたかもというバロメーターになっているらしく、一種の安否確認かもしれません。

祖母はそんなFAXを毎日ファイリングしてくれています。
その厚みにビックリしましたが、毎日していることだから苦でも何でもないのです。
今日は何を書こうかと思っていても、いざペンを取ると勝手にペンが動いていくのです・・有り得ないか(笑)
日課ってそういうものなのでしょうね。
コツコツとすることが好きというか、コツコツしか出来ないタイプの私なのです。

今日もこれからFAX書きです。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックするURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[09/01 かなえ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
haruka721
性別:
女性
職業:
パーチメントクラフト作家
趣味:
パーチメントクラフト、ドライブ
自己紹介:
GOOD TIME主宰
松尾 悠(Haruka Matsuo)

2004年
International Parchment Craft Academy 認定資格取得
2005年
教室『GOOD TIME』スタート
2008年
NHK福岡放送局 NHKギャラリー作品展開催
 RKB 今日感テレビ 特集
 NHK ぐるっと8県九州沖縄 生出演
 毎日新聞朝刊 掲載
2008年
花工房 花華亭ふたば ギャラリーにて作品展
2009年
イオンモールルクル・パワコンストリート内プチパワにて展示販売
2010年
自家焙煎珈琲『悠』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
2011年 
カフェ&ギャラリー『レグラン』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
 西日本新聞9月9日朝刊 掲載

2004年~
『手づくりフェアin九州』パーチメントクラフトブース実行委員会で参加
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア