忍者ブログ
ヨーロッパの伝統工芸でペーパークラフトの一種、パーチメントクラフト。 そのパーチメントクラフト作家である松尾悠は、 教室『GOOD TIME』を主宰しています。 パーチメントクラフトを通じて生徒さんやパーチメントクラフトを見て下さっている方達と "GOOD TIME"に過ごすことがモットーです。 でもパーチメントクラフト以外でも"GOOD TIME"は日常に散りばめられています。 そんな"GOOD TIME"を綴っていきます。
<< | 2018年06月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
Updated   
2013.12.31 (Tue)
2013年も今日で最後。
今年はどんな一年だったか振り返ると、う~む、充実はしていたけど、まだまだ出来ることがあったのではと思わずにはいられません。

4月から毎月の東京出張が条件ともなり、大学のTA業務を続ける厳しさ。
TA業務に楽しさを感じていたので辞めることに戸惑いもありましたが、私にはパーチメントクラフトという本柱があることが何よりも大きかったです。
最後の業務日に担当していた科目の教授からの賛辞がとても嬉しく、こんなに認めてくださっていたのかとウルウルきたことが、ついこの間のようです。

TA業務から離れると、あれもこれもと挑戦したいことが出てきます。
その中で2012年から声をかけていた作家さんお二方との作品展を実現させよう、と。
で、初めての打ち合わせ日は忘れもしません、5年前の2008年の作品展初日と同じ3月4日。
しかも作品展会場がNHK福岡2階にあるNHKギャラリー。
何か縁を感じちゃいました(^^)

フラワーとアクセサリーとパーチメントクラフト。
この異素材がコラボすることで、これまでにないものが生まれてくるのは確信していましたが、その出来映えは・・手前味噌ですが、素晴らしい作品ばかり。
それは作品にとどまらず、いかにディスプレイするか、他の素材を用いて自分の作品をどのように引き立たせるか等もとーーーーーっても勉強になりました。

そしてNHKギャラリーで作品展を開催して良かったことがもう一つ!!
憧れの野村正育アナウンサーさんとの出会いっ!
搬入展示中からギャラリー担当の方、期間中生中継があるのでその担当のレポーターさんに、野村アナウンサーの大ファンであることをアピール、アピールな私(笑)
でもその時期は博多祇園山笠の期間中でもあり、参議院選挙期間中でもあり、福岡の顔としてニュースを担当されているのですから、当然のことながら大忙しの時でした。
しか~し、思いは伝わるものなのですね。

生中継を偶然にも見てくださっていたそうで、その日の午後、夕方のニュースの準備に入られる前という貴重なお時間の時に来場くださったのでした!
ちょうどギャラリーからお客様達がいなくなり、入り口付近でふわ~っとしてた時に、どなたか近づいて来られるシルエット。
どうも男性っぽいなぁなんてスローモードの思考回路が一気に高速回転に切り替わったのが分かりました(笑)
声にならない声、言葉が頭の中真っ白で何言って良いのかわからないって久しぶりのことでした。
ニュースを読んでる姿もカッコイイですが、間近でお会いするとそのカッコ良さがぐぐぐーんとアップ!!
パーチメントクラフトを初めて見たからとじっくりと見てくださる野村アナウンサー。
ちゃっかり名刺交換もしちゃって。
図々しくも記念撮影も!

(もちろんご本人に掲載許可をいただいてます)
滅多にギャラリーまで足を運ばれることがなく、昼間の生中継を見られることも・・というかデスクにいらっしゃることも少ない方なのです!

色々な、ホント色々な意味を込めて、実現して良かった作品展でした。

作品展開催のほかは、パーチメントクラフト講師による様々な企画に参加しました。
『先生教えて! パーチメントクラフトレッスン 講師が作った入門書』
この本では、パーチメントクラフト基本ステップの作品を担当。
このお道具しか使えないという制約の中でデザインを考えることは至難の業でした。
監修される先生に何度も何度もデザイン素案を送り、でもその素案も幾種類の中から選んでいるので、最終的に決まるまでに20デザインは出来るほど。

そして決まったものがこの作品。
本にはその他にも可愛らしいもの、プレゼントしたくなるもの等が詰まっていますので、ぜひお買い求めくださいね。
作り慣れてくると、その作品をアレンジしてみるのもまたオススメです。

そして今。
『パーチメントクラフト展 ~フェアリーズの10年~』
に参加しています。
3作品の出展、その作品に関する本が2冊出版されます。
この企画でまた新たな知識を習得することが出来ました。

これらは2013年のほんの一部。
パーチメントクラフトを通じての出会いは多岐にわたり、それが公私ともに充実するまでになっています。
来年はどんな一年にしたいのか・・・。

それはもちろん己の限界をつくらずに、絶えず挑戦し続けること。
愛される作品を創ること。
もうちょっとまめにブログとホームページを更新すること。

2013年もあとわずかですね。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/01 かなえ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
haruka721
性別:
女性
職業:
パーチメントクラフト作家
趣味:
パーチメントクラフト、ドライブ
自己紹介:
GOOD TIME主宰
松尾 悠(Haruka Matsuo)

2004年
International Parchment Craft Academy 認定資格取得
2005年
教室『GOOD TIME』スタート
2008年
NHK福岡放送局 NHKギャラリー作品展開催
 RKB 今日感テレビ 特集
 NHK ぐるっと8県九州沖縄 生出演
 毎日新聞朝刊 掲載
2008年
花工房 花華亭ふたば ギャラリーにて作品展
2009年
イオンモールルクル・パワコンストリート内プチパワにて展示販売
2010年
自家焙煎珈琲『悠』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
2011年 
カフェ&ギャラリー『レグラン』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
 西日本新聞9月9日朝刊 掲載

2004年~
『手づくりフェアin九州』パーチメントクラフトブース実行委員会で参加
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア