忍者ブログ
ヨーロッパの伝統工芸でペーパークラフトの一種、パーチメントクラフト。 そのパーチメントクラフト作家である松尾悠は、 教室『GOOD TIME』を主宰しています。 パーチメントクラフトを通じて生徒さんやパーチメントクラフトを見て下さっている方達と "GOOD TIME"に過ごすことがモットーです。 でもパーチメントクラフト以外でも"GOOD TIME"は日常に散りばめられています。 そんな"GOOD TIME"を綴っていきます。
<< | 2018年05月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>
[79]  [78]  [77]  [76]  [74]  [73]  [72]  [71]  [69]  [68]  [67
Updated   
2014.06.27 (Fri)
最近ちょっと調子悪い状況が続いています。
原因は分かっているのですが、昨日のパーチメントクラフトのお教室中にも生徒さん達とお話をしていて、香りが良いよねということに。

実は前々からとても気になっていたアロマキャンドルがあり、お教室が終わると、買いに行くモード100%になったのです。
それまではナゼか躊躇していたのですが、不思議なものです。

その欲しいと思っていたのは「Yankee Candle
アメリカにあるこの会社のキャンドルの香りは、置いておくだけでも香りが広がるのです。
以前、ブルガリアのバラのフレグランスをお土産で貰ったことがあります。
その香りの濃さはそれまで知っていたものとは違いました。
その濃い香りに近いのが、買おうと決めていたフレッシュカットローズのキャンドル。

本当はハロゲン電球を用いた専用ウォーマーでキャンドルを温めながら香りを広めていくタイプのものが火を使わないので良いなぁと思っていたのですが、あいにくお店に無くて。
なので小さめのものを購入して、昨夜から早速使っています。



お店の袋に入ったままの状態でも香りがしてきて、箱から出すとより香りが増し。
置いておくだけでルームフレグランスになるとはこういうことかと納得です。
それでも火を灯してみました。
もっともっと香りが濃くなり、でもキャンドル独特のロウっぽい香りは無い。

まだすぐに回復とはいかなくても、この良い香りが馴染んでくれば居心地の良い部屋に戻るはずです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[09/01 かなえ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
haruka721
性別:
女性
職業:
パーチメントクラフト作家
趣味:
パーチメントクラフト、ドライブ
自己紹介:
GOOD TIME主宰
松尾 悠(Haruka Matsuo)

2004年
International Parchment Craft Academy 認定資格取得
2005年
教室『GOOD TIME』スタート
2008年
NHK福岡放送局 NHKギャラリー作品展開催
 RKB 今日感テレビ 特集
 NHK ぐるっと8県九州沖縄 生出演
 毎日新聞朝刊 掲載
2008年
花工房 花華亭ふたば ギャラリーにて作品展
2009年
イオンモールルクル・パワコンストリート内プチパワにて展示販売
2010年
自家焙煎珈琲『悠』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
2011年 
カフェ&ギャラリー『レグラン』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
 西日本新聞9月9日朝刊 掲載

2004年~
『手づくりフェアin九州』パーチメントクラフトブース実行委員会で参加
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア