忍者ブログ
ヨーロッパの伝統工芸でペーパークラフトの一種、パーチメントクラフト。 そのパーチメントクラフト作家である松尾悠は、 教室『GOOD TIME』を主宰しています。 パーチメントクラフトを通じて生徒さんやパーチメントクラフトを見て下さっている方達と "GOOD TIME"に過ごすことがモットーです。 でもパーチメントクラフト以外でも"GOOD TIME"は日常に散りばめられています。 そんな"GOOD TIME"を綴っていきます。
<< | 2017年12月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>
[134]  [133]  [131]  [130]  [129]  [127]  [128]  [126]  [125]  [123]  [124
Updated   
2015.11.25 (Wed)
先日の宮崎での出来事。
宮崎神宮でお参りし、新嘗祭を見た帰り、女性の方が
「TVに出てあった方ですよね、クラフトの・・」
と声を掛けて来られました。
神宮内で写真館をされている方で、新嘗祭が始まったから様子を見に来たら、私を見かけたそうで。
10分ほどの内容だったにもかかわらず、しっかりと見てくださっていて。
ここで会えたのも何かのご縁だからと、両親との写真を撮ってくださり、大切な商売道具であるカメラを父に託して私と一緒に写真まで。
お嬢さんが福岡にお住いとかで、福岡に来られる時には作品見に来たいと言ってくださいました。

そんな話をしていると、また別の女性が
「あらー」
って。
写真館の方のお知り合いかと思ってたら、その方もTVを見てくださっていて、宮崎で会えるなんてと喜んでくださり。
としていると、家族連れの方もTVで見たからとお声掛けくださり。

場所を移動して青島神社でも。
神奈川から旅行でというご夫婦がたまたま宮崎でTVを見ていて、娘さんの結婚式のウェルカムボードを頼みたかったと話していたんですよと声を掛けてくださり。

途中立ち寄った道の駅でも鹿児島旅行の帰りという方たちからお声掛けられ。

そんな出会いが行く先々であって、ビックリするやら嬉しいやらで。
でもどの方たちも作品が素晴らしいと、作品から温かさが伝わって来たと、パーチメントクラフト作家としてこの上ない喜びとなる多くの言葉をくださいました。
それは丁寧に丁寧に作品を撮ってくださったカメラマンさんのお蔭であり、伝わる編集をしてくださったディレクターさんのお蔭です。
ホント私はめぐり逢う方たちに恵まれているのだと再確認も出来た宮崎での出来事でした。

拍手[5回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/01 かなえ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
haruka721
性別:
女性
職業:
パーチメントクラフト作家
趣味:
パーチメントクラフト、ドライブ
自己紹介:
GOOD TIME主宰
松尾 悠(Haruka Matsuo)

2004年
International Parchment Craft Academy 認定資格取得
2005年
教室『GOOD TIME』スタート
2008年
NHK福岡放送局 NHKギャラリー作品展開催
 RKB 今日感テレビ 特集
 NHK ぐるっと8県九州沖縄 生出演
 毎日新聞朝刊 掲載
2008年
花工房 花華亭ふたば ギャラリーにて作品展
2009年
イオンモールルクル・パワコンストリート内プチパワにて展示販売
2010年
自家焙煎珈琲『悠』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
2011年 
カフェ&ギャラリー『レグラン』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
 西日本新聞9月9日朝刊 掲載

2004年~
『手づくりフェアin九州』パーチメントクラフトブース実行委員会で参加
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア