忍者ブログ
ヨーロッパの伝統工芸でペーパークラフトの一種、パーチメントクラフト。 そのパーチメントクラフト作家である松尾悠は、 教室『GOOD TIME』を主宰しています。 パーチメントクラフトを通じて生徒さんやパーチメントクラフトを見て下さっている方達と "GOOD TIME"に過ごすことがモットーです。 でもパーチメントクラフト以外でも"GOOD TIME"は日常に散りばめられています。 そんな"GOOD TIME"を綴っていきます。
<< | 2017年12月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [131]  [130]  [129]  [127]  [128
Updated   
2016.01.15 (Fri)
先日13日に放送があったNHK EテレハートネットTV『一枚の紙から”幸せ”を』
放送が終わるやいなや、お教室&オーダーのお問合せに圧倒されてます。
番組の感想を寄せてくださる言葉もどれも温かいもので、心底ホッとしています。

この番組出演のお話が昨年初めの段階でちらっとあり、昨夏に本決定。
それでも迷いが常にありました。
パーチメントクラフト作家&講師としてやってきた年月が、もしかすると筋ジスが全面に出て作品の評価をしてもらえなくなるのではという恐れと不安があったのです。
もちろんそのことは担当のディレクターさんにお話をしました。

でもTV出演を喜んでくれる友人知人達の言葉は、私のパーチメントクラフトで築いてきたものが認められて嬉しいというもの。
誰一人として病気だから注目されたのだと言わない。
そう、私がとらわれていただけだと愚かな私自身に気付けた時でした。

パーチメントクラフトと出合うまでの道のりも、
パーチメントクラフトをするための日々のリハビリも、
パーチメントクラフトで生まれた自信も、
パーチメントクラフトで繋がっている関係も、
全てを映しだしてくれたこの番組は私の生きてきた証の一つとなりました。

母や私に寄り添って寄り添って考えてくれたディレクターさん、
イキイキと素敵な輝きを作品に与えてくれたカメラマンさん、
細かな光加減でパーチの世界を作り出してくれた照明&音声さん、
皆さんの御蔭で出来た番組です。

番組を通じて生徒さんになってくださった方達、オーダーくださった方達、番組を喜んでくれた友人知人生徒さん達、番組で登場した作品たちへの賛辞。
番組タイトル通り、“幸せ”を心いっぱい感じている今です。

拍手[20回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[09/01 かなえ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
haruka721
性別:
女性
職業:
パーチメントクラフト作家
趣味:
パーチメントクラフト、ドライブ
自己紹介:
GOOD TIME主宰
松尾 悠(Haruka Matsuo)

2004年
International Parchment Craft Academy 認定資格取得
2005年
教室『GOOD TIME』スタート
2008年
NHK福岡放送局 NHKギャラリー作品展開催
 RKB 今日感テレビ 特集
 NHK ぐるっと8県九州沖縄 生出演
 毎日新聞朝刊 掲載
2008年
花工房 花華亭ふたば ギャラリーにて作品展
2009年
イオンモールルクル・パワコンストリート内プチパワにて展示販売
2010年
自家焙煎珈琲『悠』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
2011年 
カフェ&ギャラリー『レグラン』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
 西日本新聞9月9日朝刊 掲載

2004年~
『手づくりフェアin九州』パーチメントクラフトブース実行委員会で参加
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア