忍者ブログ
ヨーロッパの伝統工芸でペーパークラフトの一種、パーチメントクラフト。 そのパーチメントクラフト作家である松尾悠は、 教室『GOOD TIME』を主宰しています。 パーチメントクラフトを通じて生徒さんやパーチメントクラフトを見て下さっている方達と "GOOD TIME"に過ごすことがモットーです。 でもパーチメントクラフト以外でも"GOOD TIME"は日常に散りばめられています。 そんな"GOOD TIME"を綴っていきます。
<< | 2018年09月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>
[90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [82]  [81]  [80]  [79
Updated   
2014.10.23 (Thu)
炭鉱の町、田川市にある製菓会社「松尾製菓」。


工場見学に行ったわけではなくて・・。
チロルチョコ株式会社を分社したけど、製造は行われているというこの会社の近くにあるのが、チロルチョコのアウトレットショップ。

国道201号線沿いにあるこのアウトレットショップはセブン-イレブンとパン屋さんとの同じ敷地内にあるこじんまりとしたお店。

B級商品のみの販売と掲げられていて、行った日は18種類が販売中でした。
1袋に1商品。
その1袋がなんと約500g!
個包装されているものは包装紙の重みも入ってはいるけど。
チロルチョコの大きさによって個数は違うけど、今回購入してきたものは60~90個は入ってました。
中には個包装無しのセットもあるし、目的に応じて購入できるかもかも。
例えばバレンタインの友チョコ用とか義理チョコとか(笑)
人数が多い集まりの時とか。

事前に情報ググった時は開店時間が色々と有り、どれがホントか分からなかったけど、お店の看板で確認。
整理券配布で入店待ちはするものの、選んで買うだけなので、お店滞在時間はどんなに粘って居たとしても10分くらいかなぁと。
だから外の行列を見て怯むこと無く、並んでOK(笑)
商品が無くなればその日の営業は終わりになるようで、一人当たりの購入制限も。


【チロルチョコアウトレットショップ】
住所:田川市大字川宮1191-1
時間:12:00~17:00
※土日、祝祭日、年末年始、お盆はお休み!


ちなみにこのアウトレットから20分位のところに、もち吉直方本店もあり。
シュガーロードの旅をしてみるのも楽しいかなと思うも、リサーチ不足でした(^_^;)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[09/01 かなえ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
haruka721
性別:
女性
職業:
パーチメントクラフト作家
趣味:
パーチメントクラフト、ドライブ
自己紹介:
GOOD TIME主宰
松尾 悠(Haruka Matsuo)

2004年
International Parchment Craft Academy 認定資格取得
2005年
教室『GOOD TIME』スタート
2008年
NHK福岡放送局 NHKギャラリー作品展開催
 RKB 今日感テレビ 特集
 NHK ぐるっと8県九州沖縄 生出演
 毎日新聞朝刊 掲載
2008年
花工房 花華亭ふたば ギャラリーにて作品展
2009年
イオンモールルクル・パワコンストリート内プチパワにて展示販売
2010年
自家焙煎珈琲『悠』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
2011年 
カフェ&ギャラリー『レグラン』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
 西日本新聞9月9日朝刊 掲載

2004年~
『手づくりフェアin九州』パーチメントクラフトブース実行委員会で参加
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア