忍者ブログ
ヨーロッパの伝統工芸でペーパークラフトの一種、パーチメントクラフト。 そのパーチメントクラフト作家である松尾悠は、 教室『GOOD TIME』を主宰しています。 パーチメントクラフトを通じて生徒さんやパーチメントクラフトを見て下さっている方達と "GOOD TIME"に過ごすことがモットーです。 でもパーチメントクラフト以外でも"GOOD TIME"は日常に散りばめられています。 そんな"GOOD TIME"を綴っていきます。
<< | 2018年09月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [82]  [81
Updated   
2014.11.08 (Sat)
今日は母方の祖父の命日です。
17年前の11月8日夜、静かに息を引き取ったと聞いています。

 そこまで口数が多くなかった祖父。
幼い頃、祖父母宅に泊まってもあまりお喋りはしなかったな。
でも出勤していく祖父の背中は今でも鮮明に覚えてて。
糖尿病でインシュリン注射する祖父をじっと見てたり。
こっそりと甘いもの持って書斎に行く祖父と秘密のアイコンタクトしたり。

日常のちょっとしたことが思い出。

祖父が危篤だと連絡が来た時、長期入院中だった私は起き上がることもままならず。
そんな大変な時だからと祖父の急変も伝えられず、亡くなる数日前にようやく母のもとに連絡がきたことを覚えています。
きっと母はもっと前に知りたかったはず。
でも連絡を受けてからは毎日時間を見つけては祖父のもとに行ってました。
唯一の救いはバスですぐ行ける範囲だったことかも・・。

祖父は意識朦朧とした中でも母が来たことは分かり、そしていつも私も一緒に来てると言っていたとか。
きっと私も行きたいと思っていた気持ちが祖父に通じていたのかな。

普段は滅多に行かないスーパーのお菓子のコーナー。
そこでふと祖父が好きだったカンロ飴が目に入り、とても懐かしい気持ちになりました。
先月から私自身がちょっと精神的なお疲れモードで、それが影響して体調的にも下降気味。
いつもいつも私のことを気にかけてくれていた祖父。
祖父が肩の力を抜いて良いって言ってくれてる気がした、そんな一瞬。
いつも傍に祖父がいて、見えなくても力を添えてくれてる気がします。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[09/01 かなえ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
haruka721
性別:
女性
職業:
パーチメントクラフト作家
趣味:
パーチメントクラフト、ドライブ
自己紹介:
GOOD TIME主宰
松尾 悠(Haruka Matsuo)

2004年
International Parchment Craft Academy 認定資格取得
2005年
教室『GOOD TIME』スタート
2008年
NHK福岡放送局 NHKギャラリー作品展開催
 RKB 今日感テレビ 特集
 NHK ぐるっと8県九州沖縄 生出演
 毎日新聞朝刊 掲載
2008年
花工房 花華亭ふたば ギャラリーにて作品展
2009年
イオンモールルクル・パワコンストリート内プチパワにて展示販売
2010年
自家焙煎珈琲『悠』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
2011年 
カフェ&ギャラリー『レグラン』にて作品展
 ケーブルステーション福岡 出演
 西日本新聞9月9日朝刊 掲載

2004年~
『手づくりフェアin九州』パーチメントクラフトブース実行委員会で参加
バーコード
カウンター
アクセス解析
フリーエリア